​About   流’Bi 

「一生自分の足で歩くために」
●体液循環をよくする
●筋肉量を増やす
●楽しい毎日を過ごす




お客様の幸せを願い
動きやすいカラダ作りのお手伝いをさせていただいております。

​流’Bi が大切にしていること

カラダには常に流れがあります。

それが、生命力です。

自分らしく生きるためには、血液の流れ、リンパの流れ、髄液の流れ 

この三大体液のスムーズな流れが必要です。

この流れが、気持ち、元気、やる気を作り出します。

流'Biでは、ドイツでは予防医学として習慣化されているリンパマッサージを主軸とし。

体の不調をリンパマッサージ療法、美容整体、指圧、ストレッチ、

筋膜リリース、小顔矯正など、数多くの技術で流れを取り戻す施術をさせていただきます。

ストレスや痛みから解放されるには、なによりも「本来の自分に戻ること」。

血液の流れで隅々の細胞にまで栄養を届け、リンパの流れで老廃物を回収し排出する。

肌に触れココロ癒され、バランスのとれた身体に調整します。

疲れがとれない、眠りが浅いなど、日常生活で困っている心身の苦痛、

四十肩や五十肩、更年期障害、腰痛、眼精疲労、偏頭痛、がんの予防など

様々なご相談にも応じますので、ご相談ください。

妊婦さんやお子様、シニアの方も安心してお受けいただいております。

家族や、愛する人と信頼という絆でココロ穏やかに繋がっていくためにも

体液の流れはもっとも大切です。

からだが疲れた時は、心も疲れてしまいイライラしたり、

落ち込んだり、動きたくなくなったり

本当は、社会や家族や人生で出会う大切な人たちと穏やかにつながりたい、

人生を豊かに過ごしたいと願っているのに、

流れが悪くなると生活の質を低下させてしまいます。

歪んだ体の調整を行い流れやすいカラダをつくり、

ALL HANDで肌からの癒しを感じながら

①こりが奥までほぐれる

②“免疫力”向上(細菌や異物が体内に入れない力)

③“排泄機能”回復(痩せやすい機能)

④神経系統の働きを整えるには特に背中のトリートメントが有効.(ストレス除去)

⑤予防美容医療に特化

上記のようにリンパの流れで排出力を向上さすことが

生活の質を向上させるもっとも近道の方法です。

心身を委ねるためには、安心できる環境や信頼が何よりも大切です。

ご自身の心と身体のメンテナンスだけでなく、

ストレスや痛みを感じたとき、

溜め込まずに、いつでも頼れる存在でありたいと願い流’Biは生まれました。

小さなことと思うことも、実はとても大切なメッセージです。

どうか遠慮なくお伝えいください。

心地よい空間で心身を穏やかに、そして健やかになるようお手伝いをさせていただきます。

​皆様と、流'Biを愛する方々に心からの感謝をこめて。

ドイツで「リンパマッサージ」というと国を挙げて力を入れている予防医療のひとつです。

​※1912年AlexisCarrel博士が「リンパ液の入れ替えで細胞の生命が延びることを証明」

ノーベル賞を受賞されています。

遠方より多くの方々からご足労いただき感謝の日々です。

01
技術
 
さしあげたいのは技術です
 
「常にアカデミックなトレーニングをかかしません」

 
02
清潔
徹底的な消毒・使い捨てを行っております。
 
お客様の肌に触れるもの全て毎回エチルアルコール等で衛生管理を行っております。
03
低価格
お蔭さまで、常に予約がいっぱいです。
 
同技術レベルのサロン様の1/3以下の価格を実現。化粧品、サプリメントの販売は一切いたしておりません。

『安心・安全な【健康美】を提供するために。
新型コロナウィルス感染予防・拡散防止の取り組みについて。』

PICK UP

スクリーンショット 2020-10-08 23.28.11.png
感染防止対策
1 風邪の症状(くしゃみや咳が出る)がある方
2 熱がある方
3 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある方。

4 咳、痰、または胸部に不快感のある方
5 強い味覚・嗅覚障害がある方
6 過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・  地域等への渡航者の方、並びに当渡航者との濃厚接触がある方
7 過去14日以内に、新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)が発生したとされる場所を訪れた方
8 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
9 その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある方
10 1週間前くらいまでにインフルエンザ・ノロウイルス等にかかっていた方

また、糖尿病、心臓疾患、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方、人工透析を受けている方、免 疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方等については、新型コロナウイルスに感染しますと重症化の可能性があるため、来店の可否について必ず主治医にご相談の上ご来店ください。 なお、乳幼児・学童・中学生及び高校 生の方を同伴されてのご来店はご遠慮ください。